包む、握るのではなく

ロッキングテクニック 包む

 

ロッキングテクニックの手の使い方

 

ロッキングテクニックでは手足や腰、お腹などの体の一部に触れて、そこから全身を揺らします。

この「体の一部に触れる」ことを、クラスでどのように説明したら良いのかと思いました。いくつかの表現でお伝えしたのですが、今思うと、それは「包む」ということです。

体を握るのでもなく、持つでもなく、つかむでもなく、それはその部分を「包む」のです。

「包む」ように手を使います。しかも密着させて、包むときは中身を損ないません。その形を保ったままです。そして全身とつながったまま、そこから全身に波を送ります。

 

関連クラス

 

関連記事

  1. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本8

  2. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本4

  3. ロッキングテクニック 体を心地よく揺らす

    感じたことを詳細に表現する

  4. ファンタジーとボディワーク

    ファンタジーとボディワーク

  5. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本2

  6. ロッキングテクニックとポーズ

    素に戻る ポーズ

カテゴリー