圧迫法の二つの力について

圧迫法

体の重さと腕の力

 

圧迫法では二つの力を使います。ひとつは「体の重さ」からなる力です。二つ目は「腕の力」です。

「体の重さ」の力は音声で言えば「母音」です。広がる力であり、技術の土台となります。「腕の力」は「子音」です。技術に方向性と意味をもたらします。

圧迫法では「体の重さ」からなる力が土台、根本となり、それに「腕の力」が技術的な表現、細かさを生み出します。

「腕の力」だけで行おうとすると、土台のない、線の細い技術になります。それは表面的であり、体の内部には広がりません。

「体の重さ」からなる力を、始めに用いることで、技術は土台をそなえ、体の中に広がるようになります。

自然療法学校マザーズオフィスのクラスから。

関連記事

  1. マタニティタッチ 妊婦さん向けのトリートメント

    マタニティタッチトリートメントクラス

  2. ボディワーク 触れ方

    手のひらの中心から

  3. 気・エーテル体は勢い

    気は勢い

  4. マッサージの手

    手の平と指

  5. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニックは受け取ること

  6. ボディワーク

    腕が自由であること

カテゴリー