重さを感じること

ロッキングテクニック 重さを感じる

 

ロッキングテクニックは重さを感じて、重さを揺らす技術

 

「重さを感じる」とは体の重さを感じることです。

それは重さの具体的な数値を予測することではありません。例えば「これは何グラムかな」などではなく、ただ重さを感じ取ります。

私たちが、重さを感じようと試みたとき、例えばマグカップ程度のものであれば、片手でそれができるかもしれません。

しかし、ロッキングテクニックの「やり方」では、全身でそれをおこないます。最初にマグカップがテーブルの中央にあるならば、自分の近くに寄せます。

次は重さを感じるためにマグカップを持ち上げるのですが、そのために両膝を曲げて体の位置を低くします。その状態でマグカップを持ったまま膝を伸ばします。

このようにしてマグカップを持ち上げます。この「やり方」は、全身で持ち上げる方法です。つまり全身で重さを感じています。

このような「やり方」で持ち上げた時、全身がセンサーとして働きます。この持ち上げ方は、体のコア(中心)から重さと繋がる方法です。

しばしば、ボディワークでは「なるべく手や腕だけに仕事をさせない」という表現がありますが、これは体のコアから繋がると同じ意味です。

ロッキングテクニックの技術の土台は「体の重さを感じる」ことです。重さを感じて、その重さを揺らします。

 

関連クラス

 

関連記事

  1. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本3

  2. ファンタジーとボディワーク

    ファンタジーとボディワーク

  3. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本2

  4. ロッキングテクニック 人間の動き

    生きている人間の動き

  5. ロッキングテクニック 高さの調節は膝で行う

    高さの調節は膝で行う

  6. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本7

カテゴリー