私のものという距離

ロッキングテクニック 受け手との距離

 

ロッキングテクニック、受け手との距離

 

これはロッキングテクニックの、受け手との距離の目安のことです。

どんなに軽いものでも遠くにあると、それを支えるには努力が必要です。

それをだんだんと近づけて、やがて努力なしに、それを支えることのできる距離。この距離のことをクラスでは「私のもの」と説明しています。

「私のもの」であるとき、それを支え、動かすことには努力は必要ありません。力も最小です。

「私のもの」となった手足から全身に波を送ります。その時の技術は、軽やかで、シンプルなものになります。

 

関連クラス

 

関連記事

  1. ロッキングテクニック 人間の動き

    生きている人間の動き

  2. ロッキングテクニックの足幅

    足幅 ロッキングテクニック

  3. ロッキングテクニック 触れ方

    ロッキングテクニック 形を損なわない

  4. ロッキングテクニック 中身と共に揺らす

    中身と共に揺らす

  5. ファンタジーとボディワーク

    ファンタジーとボディワーク

  6. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本7

カテゴリー