体が語ることに耳を澄ます。

ボディワーク 体が語ることに耳をすます

 

像として体を見る

 

6/13のナチュラルテーブルさんの「セラピストクロストーク」のときに、「像的な記憶」というようなことを口走りました。

あとで思い出しましたが… 自分でもなるほどと思いました。

ボディワークのセッションのときも、像的にクライアントを見ます。つまり焦点を定めることなく、全体的にクライアントを見ます。

その反対側にあるのは分析的な見方です。例えば「立ちあがり痛だから腰椎5番だな」というように、自分の持っている情報に、クライアントの体を当てはめようとする見方です。

もちろん、それはそれで役に立つのですが、同時に全体的な視点、つまり「像的な見方(記憶)」を持たないと、何かを見落とします。

この辺りはエサレンマッサージのディーンさんも「ソフトアイ」という言い方で表現していました。
像的な見方とは、体が語ることに耳を澄ますことです。

6/13のクロストークの時には子ども時代の記憶という切り口で話が進みました。

子どもは体験を分析することなく、全体的(つまり全体像として)体験するので、記憶が深い層に留まるのではないかということです。

ではでは。

関連記事

  1. マッサージの手

    手の平と指

  2. マッサージ タッチング 触れ方

    マッサージ 触れ方

  3. マッサージ 手の柔らかさ

    手の柔らかさと実体

  4. ロッキングテクニック

    力みなく立つ

  5. ロッキングテクニック

    体と親しむこと

  6. ボディワーク

    腕が自由であること

カテゴリー