ロッキングテクニック 揺らし方

ロッキングテクニック 揺らし方

 

ロッキングテクニックのテキストを見直し中

2022年12月のクラスに備えてロッキングテクニッククラス1のテキストを見直し中です。今回は「中身と共に揺らす」という一文を追加しました。

そこで追加した内容をここでお伝えします。体には表面と中身(中心)があります。手足でもお腹でも首でも表面と中身(中心)があります。ロッキングテクニックでは、「中身と共に揺らす」ことが求められます。

中身、つまり体の中心とともに揺らすと、揺れは波紋のように全身に広がります。表面だけでは、その部分だけ、つまり手をおいた表層の組織のみです。

中身とともに揺らすコツは、柔らかく広い面の手、つまり「はんぺんの手」で、体を包むように触れて、探索しながら揺らします。

探索とは「小さく、またはゆっくり」です。受け手の体の弾力より大きく、速いと、中身とつながることなく、表面的な働きかけとなります。

思ったようにいかないと思ったときには、完全なポーズ(小休止)をとって、体と頭、ハートをリセットして、はんぺんの手と探索から始めます。

 

関連クラス

関連記事

  1. ロッキングテクニック 中身と共に揺らす

    中身と共に揺らす

  2. ロッキングテクニック

    つながりをつくる

  3. ロッキングテクニック

    ロッキングテクニック 基本1

  4. ロッキングテクニック

    技術の文章化

  5. ロッキングテクニック 肘は柔らかく伸ばす

    肘は柔らかく伸ばす

  6. ロッキングテクニック

    楽しげに

カテゴリー