ウォーターバイオレット 自己完結 個人主義

バッチフラワーレメディ ウォーターバイオレット

 

 

ウォーターバイオレット 束縛を嫌う 不干渉

画像はcommons.wikimedia Water Violetよりです。  801書庫に戻る

 

バッチフラワーレメディ ウォーターバイオレット

  • 7つのカテゴリー:淋しさ:プライドが邪魔して人と距離をおく
  • 英名:Water Violet
  • 学名:Hottonia palustris
  • 和名:ホットニア ミズスミレ
  • 分類:サクラソウ科ホットニア属 多年草 水草
  • キーワード:静か 控えめ 内向的 内気 遠慮 引っ込み思案 無口 冷静 落ち着き 温和 寛容 理解力 独立心 自制心 自己完結 自由 不干渉 個人主義 孤独 隠遁 束縛を嫌う 閉鎖的 拒絶 プライド 無愛想 異質 優越感

 

 

ウォーターバイオレットとは バッチ博士の言葉

バッチ博士はバッチフラワーレメディのウォーターバイオレットについて次のように述べました。

「健康な時でも、病気の時でもひとりでいるのを好む人のためのものです。大変物静かで、動く時もうるさい音を立てず、余り話さず、話すときも優しい話し方をします。とても独立心が強く、有能で自分を信じ、人の意見に余り動じません。人に打ち解けず、人に対しても干渉せず、自分の道を行きます。このタイプは、利口で才能のある人が多く、その穏やかさで物静かな物腰は周りの人をほっとさせます。」

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

 

ウォーターバイオレットの不思議

フラワーレメディの選択
バッチフラワーレメディの選択の指標は、心の「最も表面にあらわれた否定的な感情」です。悲しみや怒り、恐れ、不平不満などです。心の表面にあらわれるものですから、わかりやすく、レメディの選択もその否定的な感情に沿って行われます。

ウォーターバイオレットの場合は
ところが、ウォーターバイオレットについては「?」です。なぜなら、バッチ博士がウォーターバイオレットについて記した「「言葉」には、わかりやすい否定的な感情が述べられていないようにみれます。

例えば「物静か… 優しい話し方をします… 独立心が強く… 有能で自分を信じ… 利口で才能がある人… 穏やか… まわりの人をほっとさせます… 」どこに否定的な感情があるのでしょうか?強いて言えば「人に打ち解けず… 」でしょうか。

 

ウォーターバイオレットの淋しさとは?

淋しさのカテゴリーに配置されたウォーターバイオレット
バッチ博士は、1936年の『トゥエルブ・ヒーラーズ(12の癒し手)とその他のレメディ』で、38種のフラワーレメディを7つのカテゴリーに分けました。

その中でウォーターバイオレットはインパチエンスヘザーと共に「淋しさ」のカテゴリーに分類されました。ウォーターバイオレットの淋しさとは何でしょうか?

自己完結と可能性の広がり
バッチ博士の言葉の中に「ひとりでいるのを好む人」という表現があります。この表現があらわすようにウォーターバイオレットタイプの人は、一人を好み、人と交わらず、独立心をもった個人主義者です。それゆえに自己完結的であり、相互に不干渉であることを好みます。

このようなあり方は、自分の世界で完結していまい、それ以上の広がり、別の世界との交流を閉ざしてしまう可能性があります。その結果、自分自身の新しい成長、未知の可能性の広がりを失ってしまうこともあるでしょう。

ウォーターバイオレットの淋しさは自らを閉ざすことによって、そのほかの可能性を閉ざすことです。それは将来の大きな可能性かもしれませんし、ちょっとしたことで助かる隣人からのサポートかもしれません。

 

ウォーターバイオレットのプラス面

自分と他者を尊重すること
バッチ博士が述べた「独立心、自分を信じること、穏やかさ」はもともと良い資質です。目的を持って自分の道をあゆみ、必要なことは自分自身で行います。困難にあったとしても自分のペースを崩すことはないでしょう。

そのような資質が「他者への理解」とつながると、自分を尊重するように他者を尊重すること、自分に寛容であるように他者にも寛容であるようになるでしょう。

他者・環境に関心を持つこと
ウォーターバイオレットの質に「他者と周囲の環境への関心」が加わることは、ウォーターバイオレット自身の可能性を広げることになります。彼らが他者に関心を持ったとしても、過剰な干渉となることはなく、自分自身の自由を尊重するように、他者の自由を尊重し、そのような中で始まる関係性は、成長した大人同士の関係性、信頼に基づいた関係性となるでしょう。

 

バッチフラワーレメディを学びたい方へ 手軽に学べるオンラインクラス

バッチフラワーレメディ基本オンラインクラス

全1回、2.5時間のオンラインクラスです。クラスではバッチフラワーレメディの全体像、使い方、選び方、製造法、バッチ博士の哲学などフラワーレメディの基本的なことを学びます。テキスト付き(PDF)です。

 

38種のバッチフラワーレメディオンラインクラス

全10回、25時間のオンラインクラス、1回ごとの個別参加も可能です。38種のフラワーレメディを1回につき3から4種類を取り上げて、その特徴、感情のあらわれかた、振る舞いや口癖、原料植物の観察、そして毎回フラワーレメディに関するトピックスをご紹介しています。例えば、「なぜ花?」「植物の形」「レメディ製造法」「コンサルテーションについて」などです。テキスト付き(PDF)です。

801書庫に戻る

関連記事

  1. バッチフラワーレメディ ホワイトチェストナット

    ホワイトチェストナット 強迫観念 とらわれ

  2. バッチフラワーレメディ オリーブ

    オリーブ 疲労困憊 だるい

  3. バッチフラワーレメディ ワイルドローズ

    ワイルドローズ 無気力 無関心

  4. バッチフラワーレメディ アスペン

    アスペン 理由のない不安と恐れ

  5. バッチフラワーレメディ バッチ博士の言葉

    バッチ博士の言葉

  6. バッチフラワーレメディ ハニーサックル

    ハニーサックル 郷愁 ノスタルジー

カテゴリー