ホワイトチェストナット 強迫観念 とらわれ

バッチフラワーレメディ ホワイトチェストナット

 

ホワイトチェストナット 考えごと 頭が休まらない

画像はcommons.wikimedia White Chestnuttよりです。  801書庫に戻る

 

バッチフラワーレメディ ホワイトチェストナット

  • 7つのカテゴリー:現実への無関心:繰り返し同じような考えや不安がつきまとう
  • 英名:White Chestnut
  • 学名:Aesculus hippocastanum
  • 和名:セイヨウトチノキ マロニエ
  • 分類:トチノキ科トチノキ属 落葉高木
  • キーワード:強迫観念 思い込み とらわれ 執着 固定観念 堂々巡り 頭が休まらない 視野の狭さ 緊張 睡眠障害 集中力の欠如 自己喪失 精神疲労 思い悩み 苦悩 心配 懸念 不安 恐れ 怯え 動揺 葛藤 混乱 落ち着きのなさ 逃避 優柔不断 口癖 言い訳 自己矛盾 ジレンマ 後悔

 

 

ホワイトチェストナットとは バッチ博士の言葉

バッチ博士はバッチフラワーレメディのホワイトチェストナットについて次のように述べました。

「自分の望まない考えや思い、主張が自分の頭に入ってくることを阻止できない人のためのものです。普通それは、目の前の事柄に没頭できるほどの強い関心を持てない時に起こります。心配事がずっと頭から離れず、一時的に忘れることがあってもすぐに又、取り付かれます。心配事が頭から離れてもまた戻ってくることを繰り返すので、精神的な拷問にかけられているように感じます。このように不快な考えが続くことで、心の安らぎを得ることができず、仕事に支障をきたし、日々が楽しくなくなります。」

『バッチ博士の遺産』(トゥエルブ・ヒーラーズとその他のレメディ)1936年より

 

 

心配事が頭からはなれない

ホワイトチェストナットのマイナス状態
ホワイトチェストナットのマイナス状態は、心配事や嫌なことがいつまでも頭から離れない状態です。ちょっと失敗や気になること、誰かに言われた一言が忘れらない…などの状態です。忘れようとしても、ふと頭に浮かんできて、いつまでもその思いに取り憑かれてしまいます。

目の前のことに集中できない
心配事があるから集中できないのか、集中できないから心配事にとらわれてしまうのか…どちらにしても堂々巡りの状態です。ホワイトチェストナットは、ある思考がパターン化することで、その中に落ち込んでしまった状態です。そこから逃れられず、繰り返しのパターンにとらわれて抜け出すことができません。

 

 

ホワイトチェストナットの花

花の小山
ホワイトチェストナットの花は、なんと表現したらよいのでしょうか。柔らかな布へんを集めたような、形の定まらない花弁が集まり、そこに花弁よりも長いおしべが7本伸びています。この花が、縦に何重にも重なって花の小山を築いています。

両性花と雄性花
ホワイトチェストナットの特徴は花の数だけではありません。この花の小山には、両性花と雄性花が同居していることです。両性花は受粉を経て実を結びます。しかし、めしべを持たずおしべだけの雄性花は、受粉が起こることもなく実を結ぶことはありません。

花が物語るもの
ホワイトチェストナットの小山のような花の数と実を結ぶことのない雄性花の存在は何を物語っているのでしょうか。多くの昆虫を呼び寄せるための演出なのか、その演出に合わせた結実のコントロールなのか。いずれにしろその仕草には、過剰さを感じざるを得ません。そこにはホワイトチェストナットが示す、過剰な思考、とらわれ、強迫観念が重なります。

 

 

ホワイトチェストナットのプラス面

 

多様性と集中力

望まない考えや思いにとらわれてしまうホワイトチェストナットのプラス面とは何でしょうか。それは複数の物事を同時進行できること、質の異なる分野、多方面に渡ることを同時に取り扱うことのできる多様性です。そして、それぞれの物事に整理をつけて、ひとつひとつに対して集中して取り組むことができます。

異なる理論、異なる分野を組み合わせて、それぞれの専門性にとらわれることなく、新しい理論、物事を作り上げるという創造性を発揮することができます。常に自分の思考をコントロールして、柔軟に物事に取り組み、必要な時は決断を下すことができます。

 

 

バッチフラワーレメディを学びたい方へ 手軽に学べるオンラインクラス

バッチフラワーレメディ基本オンラインクラス

全1回、2.5時間のオンラインクラスです。クラスではバッチフラワーレメディの全体像、使い方、選び方、製造法、バッチ博士の哲学などフラワーレメディの基本的なことを学びます。テキスト付き(PDF)です。

 

38種のバッチフラワーレメディオンラインクラス

全10回、25時間のオンラインクラス、1回ごとの個別参加も可能です。38種のフラワーレメディを1回につき3から4種類を取り上げて、その特徴、感情のあらわれかた、振る舞いや口癖、原料植物の観察、そして毎回フラワーレメディに関するトピックスをご紹介しています。例えば、「なぜ花?」「植物の形」「レメディ製造法」「コンサルテーションについて」などです。テキスト付き(PDF)です。

801書庫に戻る

関連記事

  1. バッチフラワーレメディ バイン

    バイン 強引な指導者 支配欲

  2. バッチフラワーレメディ ラーチ

    ラーチ 劣等感 自信がない

  3. バッチフラワーレメディ スクレラサス

    スクレランサス 優柔不断

  4. バッチフラワーレメディ エルム

    エルム 責任感 弱気

  5. バッチフラワーレメディ アスペン

    アスペン 理由のない不安と恐れ

  6. バッチフラワーレメディ チェリープラム

    チェリープラム 衝動的 正気を失う

カテゴリー